悪玉菌を減らす為には食生活と生活習慣の改善を

人間の腸内には悪玉菌、日和見菌、善玉菌が存在し、悪玉菌が増えると太りやすい体質になる、便秘、アトピー、ニキビ、消化不良、疲労が取れない、抑うつ感などの症状が出てきます。また日頃から精製された砂糖、小麦といった炭水化物を多く摂取している人ほど腸内悪玉菌が多いと言えます。

なので悪玉菌を減らす為には食生活の改善、さらには睡眠不足、運動不足、ストレスも悪玉菌を増やす要因となります。だから規則正しい生活、ストレス発散を心がけることが必要です。

さらに腸内の悪玉菌を減らす為には善玉菌を増やすといった方法があります。腸内で悪玉菌が優勢の内は日和見菌も悪玉菌化しますが、善玉菌が優勢になれば日和見菌は善玉金化するので善玉菌を増やすことが最も効率よく悪玉菌を減らす方法と言えるでしょう。

善玉菌を増やす為には善玉菌を含む食品を摂取すればいいのです。ヨーグルトや善玉菌の餌となるオリゴ糖、あとは、納豆、チーズ、キムチ、味噌、醤油などを意識して取るようにしましょう。さらに野菜をしっかり食べることも重要です。

ただ仕事の都合で外食が多い、多忙で生活習慣、食生活を変えることはなかなか難しいといった人にオススメなのが乳酸菌などのサプリメントです。サプリメントなら確実に善玉菌が摂取できる上に腸まで届くように出来ていますs。

また夏だからといってシャワーで済ませず入浴するだけでも違ってきます。体を温めると善玉菌は活性化するのでその分悪玉菌は減っていきます。